エックスサーバーでブログを始める

こんにちは!
ドメ子のドメイン講座にようこそ。

今回は「エックスサーバー」でレンタルサーバーを契約しブログを投稿できるようになるまでの手順をわかりやすく解説します。



レンタルサーバーを契約する

まずはレンタルサーバーを用意しないと始まりません。

エックスサーバー」のレンタルサーバーホームページにアクセスし、[お申し込み]を選択します。
エックスサーバーお申込み

契約の流れが表示されますので、[お申し込みフォーム]を押します。
エックスサーバー申し込み

会員登録・ログイン

会員IDを既にお持ちの場合は、[ログイン]を選択します。
新規の場合は、[新規お申込み(10日間無料お試し)]を選択します。

会員申し込み・ログイン

ここでは新規お申込み・10日間無料お試しの流れで説明を続けます。

契約内容・会員情報の入力

契約内容の選択や会員情報を入力する画面が表示されます。
会員情報入力

初期ドメインは、契約したレンタルサーバーにブラウザーからアクセスする際のURLになります。
以下のように、あなたが決めた名前の後ろには”.xsrv.jp”のドメインがつきます。

http://<あなたが決めた名前>.xsrv.jp/

このようなアドレスのことをサブドメインと呼びます。

すでにほかの人が利用している名前は使えませんので、重複しない名前を指定する必要があります。

ただし、レンタルサーバーを契約してブログをはじめられる方のほとんどは、別途「独自ドメイン」を取得してそちらのURLでブログを公開することが多いですのであまり気にしなくても良いでしょう。

プランは、X10、X20、X30の3種類が選べます。
それぞれのプランの主な違いは以下の通りです。

項目 プラン
X10 X20 X30
月額料金(税込)※ 1,080円 2,160円 4,320円
ディスクスペース 200GB 300GB 400GB
データ転送量 無制限 無制限 無制限
無料独自SSL
データベース(MySQL) 50個 70個 70個
Webメール
WordPress

※契約3か月目以降の月額料金です。初回3か月は別料金設定となっておりX10プランで月額1,296円(税込み)です。

割り当てられるサーバの共有数などに違いがあるとは思いますが、サービスの内容自体はディスク容量が違うぐらいでほとんど差がありません。

一番料金が安いX10プランでも全く不自由ありませんので、X10を選ぶのが良いでしょう。

容量もデータベースの数も十分ありますので、複数のブログを稼働させながらでも月間30万~50万PVといった大規模なアクセスに十分対応できます。

会員情報は、申し込みされる方の個人情報を入力します。

さらに下にスクロールすると利用規約・個人情報の取り扱いに関する同意チェックがあります。

チェックを入れて、[お申し込み内容の確認]を押しましょう。
利用規約確認

申し込み確認・完了メールの受信

お申込み内容が表示されますので、[おし申込みをする]を押します。
申込内容確認

なお、10日間の無料お試し中ですので支払い手続きは現時点ではありません。

とりあえずWordPressを使ってみて、レンタルサーバーでのブログ運営ができるかどうかを見極めてみてはいかがでしょうか。

お申し込み完了の表示に変わります。
申し込み完了

このタイミングで会員登録されたメールアドレス宛に会員IDやサーバーID、サーバーパスワードなどの情報が書かれたメールが送信されます。
サーバの管理・運営に使用しますので、大切に保管しておいてください。
エックスサーバーメール内容

メールには二つの管理用のURLが書かれています。

  1. インフォパネル
  2. 会員情報や契約確認、料金の支払いなど契約関係の操作を行うためのURLです。

  3. サーバパネル
  4. サーバの設定やファイルマネージャーの起動などサーバ管理を行うためのURLです。

早速、サーバーの設定を行うためにサーバーパネルのURLを開きましょう。

サーバーパネルの起動

メールに書かれたサーバーID、サーバーパスワードを入力して[ログイン]を押します。

サーバーパネルログイン

契約しているサーバーが一覧表示されますので、サーバーパネル列の[ログイン]ボタンを押しましょう。

対象サーバのログイン

ファイルマネージャーはサーバー内のファイル・フォルダを管理するためのツールです。

以上でサーバーパネルのメニューが表示されるようになります。
サーバーパネル

独自ドメインを取得する

次はいよいよWordPressをインストールしてブログを投稿できるようにしたいところですが、エックスサーバーは独自ドメインの取得を先に行うことを強くオススメします。

理由は以下の通りです。

エックスサーバーは、独自ドメインを設定すると[独自ドメイン名]のフォルダが自動的に作成され独自ドメインと紐づきます。

独自ドメインのURLでアクセスした場合、自動作成されたサブフォルダがルート(トップのページ)になります。

レンタルサーバと独自ドメインの関係(エックスサーバー)

このようにサブフォルダ別に独自ドメインが紐づくことで、1つのレンタルサーバで複数のURLが異なるブログを運営するといったことができます。
(このような使い方をマルチドメインといいます)

独自ドメインを設定せずに先に任意のサブフォルダにWordPressをインストールし、記事を書き始めてしまうと独自ドメインとは別の場所にアップロードした写真などが格納されますので、ファイルの移動などで苦労することになります。

まずは独自ドメインを取得し、独自ドメインをエックスサーバーに設定してからWordPressのインストールを行いましょう。

独自ドメインとな何なのか。
概要については以下の記事が参考になります。

独自ドメインの取得はエックスサーバー内でも契約できますが料金が結構かかります。

お名前.comであれば1円から取得できますのでオススメです。

取得した独自ドメインの設定とWordPressの導入

独自ドメインの取得が完了したら、レンタルサーバーへ取得したドメインの設定を行い、WordPressをインストールしましょう。

独自ドメインの取得会社(お名前.comやムームードメイン)を例に以下の記事でくわしい設定方法をまとめています。

WordPressでブログを始める

これでエックスサーバーに関する設定は、すべて完了しました。

それでは早速記事を投稿しよう・・・って前に、WordPressでの設定を行う必要があります。
記事を投稿後に変更すると影響が出るものもありますのでもう少しだけおつき合いください。

具体的には以下の記事でくわしく解説します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です