ドメインの種類とは

こんにちは!
ドメ子のドメイン講座にようこそ。

いろんなホームページを見ていると、最近はドメイン名に「.tokyo」や「.kyoto」といった地域性の高いものから「.pet」、「.ai」など業種や分野のカテゴリー付けができる名前が付いたものをみかけます。

これらは「新ドメイン」と呼ばれる種類の新しいドメインです。

ドメインの種類について

ドメイン名は、一般的にトップレベルドメイン(TLD)セカンドレベルドメイン(SLD)で構成されています。

また、トップレベルドメイン(TLD)は、大きく分けて以下の通り種別が分かれています。

TLDの種別 内容
gTLD generic TLDの略。
用途や組織などに応じて設置されたトップレベルドメイン
.com、.net、.orgなど
ccTLD country code TLDの略。
国や地域ごとに割り当てられたトップレベルドメイン
.jp、.usなど

このうち、個人が一般的に利用するトップレベルドメインは、「.com」や「.net」、「.org」のような「gTLD」です。

一般的に利用されるドメインの種類

個人がブログやホームページなどに向けて独自ドメインを取得する際に使用するトップレベルドメインには、以下のようなものがあります。

gTLD名 主な特徴 年間利用料
(お名前.com)
.com Commercial(商用向け)を意味する一般トップレベルドメインです。
一般の企業や個人が幅広く利用しており、最も登録数の多いドメインです。
1,150円
.net ネットワークサービスやネットショップなどの情報を取り扱うサイト向けに幅広く利用されている一般トップレベルドメインです。
世界中の誰もが利用できます。
当サイトのトップレベルドメインもこの.netを使用しています。
699円
.org 非営利組織・団体向けの一般トップレベルドメインです。
ただし、登録者となる組織等に制限は設けられていないため世界中の誰もが利用できます。
1,480円
.info Information(情報)を意味する一般トップレベルドメインです。
2001年に登録を開始。キャンペーンやニュースなど情報を伝えるWebサイトに向いており、世界中の誰もが利用できます。
399円
.biz business(ビジネス)を意味する一般トップレベルドメインです。
2001年に登録を開始。商用目的に特化したWebサイトに向いており、世界中の誰もが利用できます。
299円

※2018年11月4日時点の価格調査

ホームページの内容・ジャンルなどに応じてどの種類を利用するか選ぶのが良いでしょう。
また、現在は2012年以降、gTLDの自由化により上記以外にも数多くの種類が登場しています。

新たに追加されたジェネリックトップレベルドメインの種類

gTLDについては、2012年より企業や地域などが独自のgTLDを登録できるよう自由化されたことで、かなり種類が増えています。

お名前.comで取得可能な種類だけでも、すでに350種類に達しており当サイトですべてを説明できませんが、抜粋で以下に例を記載します。

gTLD名称 概要 登録年 年間利用料
(お名前.com)
.tokyo 東京の観光、企業、ビジネスなど「東京」を表す新gTLD 2014年 99円
.nagoya 名古屋市の観光、企業、ビジネスなど「名古屋」を表す新gTLD 2014年 920円
.yokohama 横浜市の観光、企業、ビジネスなど「横浜」を表す新gTLD 2014年 920円
.kyoto 京都の観光、企業、ビジネスなど「京都」を表す新gTLD 2016年 6,980円
.kitchen 「キッチン」や「台所」を表す新gTLD 2013年 3,980円
.club 団体・サークルのサイトなど「クラブ」に関する新gTLD 2014年 99円
.coffee コーヒー屋・飲食店・カフェのサイトなど「コーヒー」を表す新gTLD 2014年 3,980円
.camp 「キャンプ」に関する新gTLD 2014年 3,980円
.house 「ハウス」、「家」などを表す新gTLD 2014年 3,980円
.bike 「バイク」や「自転車」を表す新gTLD 2013年 3,980円

・2018年11月4日時点の調査価格

こうやってみると、地域性の高いものや業種・ライフスタイルといったさまざまな分野でグローバルトップレベルドメインが追加されていますね。

今後はドメイン名を見るだけで、どのような企業なのか判別できるようになりそうです。

また、Microsoft社やGoogle社が、「.msn」や「.google」を取得しているように、今後は独自でトップレベルドメインを取得する動きも進んでいくことが予想されます。

ドメインを取得するとき名前をどうやって決めるか

いざ、ブログやホームページを立ち上げるときにどんな名前をつければいいか。
一度付けたら、ホイホイと変えるわけにもいかないので、悩ましい話ですよね。

そんな中、新ドメインが数多く登場したことで、ドメイン名の表現がより具体的により豊かに選べることができるようになりました。

たとえば、ある喫茶店の店名がスターといった名前であれば「star.cofee」などがピッタリです。

また外国人向けや旅行者向けに京都の観光名所を案内するようなブログであれば、「travel.kyoto」などが名前からどんなサイトであるかを推察できますのでしっくりきます。

このように、<あなたの目的とする名前><目的に沿ったトップレベルドメイン>の組み合わせで選択すると良いでしょう。

新ドメインはまだまだ希望に沿ったものが取得できる余地がありますので、利用したい方はお早めに取得しておくと良いでしょう。

おすすめ記事をチェック

独自ドメインの取得に関しては以下の記事で解説しています。

またブログをはじめたい方でまだレンタルサーバやブログサービスを契約していない方は以下が参考になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です