無料でドメインを取得|エックスサーバーで使う

こんにちは!
ドメ子のドメイン講座にようこそ。

今回は、Freenomを利用して無料で独自ドメインを取得し、エックスサーバーで使用する方法をくわしく説明します。

Freenomに関する概要については、以下の記事を参照ください。
無料ドメインを利用する場合の注意点についても説明しています。

また、ここでの説明はエックスサーバーのレンタルサービスに契約済みであることを前提としています。

もし、エックスサーバーに未契約の場合は、よろしければ先に以下の記事をお読みください。

Freenomで独自ドメインを無料取得する

それでは早速、無料で独自ドメインを取得してみましょう。

手続き操作自体は、「お名前.com」や「ムームードメイン」の場合と同じような操作になります。

Freenomで無料の空きドメインを探す

まずは「Freenom」のサイトを開き、取得したいドメイン名を入力します。

今回は、一般的なトップレベルドメインでは人気があって取得できない「sake」でやってみたいと思います。
無料ドメインの取得

取得可能なトップレベルドメインが表示されます。
どうやら、「sake.gq」(赤道ギニアの国別ドメイン)で無料ドメインが取得できるようですので、[今すぐ入手]を選択します。

無料ドメインをカートに入れる

選択したドメインがカートに入りますので、[チェックアウト]を選択しましょう。
無料ドメインのチェックアウト

無料ドメインの利用期間を選択します。
1年を超えると有料になりますので、12か月(12 Months@FREE)を選択しましょう。

無料取得期間の選択
利用期限を過ぎた後の更新について
freenomは、期限が切れる15日前にメールで通知がきますので、期限が切れるまでに更新手続きをすることで再び延長した期間を利用することができます。

このため登録の際は確実に連絡が取れるメールアドレスを用意するのが良いでしょう。

エックスサーバー向けのネームサーバ指定

取得するドメインに対してエックスサーバーのネームサーバを使用するよう指定を行います。

上から[Use DNS]を選択し、[Use your own DNS]タブを選びます。

さくらインターネット向けネームサーバー設定

[Enter your A record hear]のNameserverの箇所に以下の内容を入力してください。
これは、エックスサーバーが管理しているネームサーバのアドレスです。
設定することでエックスサーバーのサーバと今回取得するドメインが結びつけできるようになります。

  • ns1.xserver.jp
  • ns2.xserver.jp

エックスサーバーのネームサーバは全体で5つありますので設定数が足りません。
独自ドメイン取得後にあとで残りの分を設定しますので、とりあえずは上記2つを設定し、[Continue]を押します。

無料ドメイン所有者のユーザ登録

今回の独自ドメイン登録に関する費用が表示されます。

「$0.00USD(無料)」であることを確認し、メールアドレスを入力するかソーシャルアカウント(googleアカウントまたはFacebookアカウント)で認証するかを選択します。

freenomへの登録

これらの選択はどちらでも構いません。
当サイトでは、メールアドレスを入力してユーザ登録を行いました。

メールアドレスを入力して登録した場合、以下のようなメッセージが表示されます。
メール確認メッセージ

電子メール(yourmail)に確認リンクが送信されました。
リンクは24時間有効です。メールの受信トレイに移動し、リンクをクリックします。

実際に指定したアドレスに確認メールが送られてきますので、メールに書かれたリンクを開きます。

自分の個人情報を入力する画面が表示されますので必要事項を入力し、[i have read and agree to the Terms & conditions](規約に同意します)のチェックを入れて、[Complete Order]ボタンを押します。

登録者情報の入力

無料のためクレジットカードの情報を入力する必要が無いのは助かります。
また、更新連絡は常にメールできますので、個人情報については正直、正確に入れる必要はないでしょう。

以上で無料ドメインの取得が完了しました。

続けてエックスサーバーのネームサーバについて設定を行っていきます。

Freenomにて先ほど登録したアカウントでログインし、[Services]から[My Domains]を選択します。
Freenom管理メニュー

取得しているドメインの一覧が表示されますので、エックスサーバーで利用するドメインの[Manage Domain]を選択します。

取得ドメインの一覧

ドメインの管理画面が表示されますので、[Management Tools][Nameservers]を選択します。

ネームサーバー設定の起動

取得の際に入力しているので、Nameserver1とNameserver2は設定済みだと思います。
以下の内容となるよう編集し、[Change Nameservers]を押します。

Nameserver1 ns1.xserver.jp
Nameserver2 ns2.xserver.jp
Nameserver3 ns3.xserver.jp
Nameserver4 ns4.xserver.jp
Nameserver5 ns5.xserver.jp

半角の大文字小文字は区別されませんのでどちらで入力しても構いません。
(全角・半角は区別されます。必ず半角で入力しましょう)

エックスサーバー向けネームサーバー指定

以上でFreenomでのドメイン設定は完了です。

エックスサーバーの独自ドメイン設定

Freenomの設定が終わりましたので次は、エックスサーバー側での独自ドメインの設定です。

エックスサーバー側の設定はサーバコントロールパネルを用いて行いますが、どの組織からドメインを取得したかにかかわらず設定手順はすべて共通です。

以下の記事にまとめましたので記載の手順に従って設定を行ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です