独自ドメインをアメーバオウンドで設定する

こんにちは!
ドメ子のドメイン講座にようこそ。

今回は、お名前.comやムームードメインなどから取得したドメインをアメーバオウンドで使用するための手順をくわしく説明します。

補足説明
本記事では例として本サイトのドメイン「domain-get.net」を独自ドメインとして設定することを例として説明します。

みなさんは自分のドメイン名に読みかえてご覧ください。

独自ドメインを設定するための前提条件

前提として、ドメインを管理する会社(お名前.com、ムームードメインなど)で、アメーバオウンド向けの設定(DNSレコード設定)が行われている必要があります。

まだ設定されていない方は先に以下の記事をご確認ください。

関連記事:アメーバオウンド向けドメイン設定

また、ここでの説明はアメーバオウンドのサービスに契約であることを前提としています。

もしアメーバオウンドに未契約の場合は、先に以下の記事をお読みください。

アメーバオウンドの独自ドメイン設定

独自ドメインをアメーバアメーバオウンドで設定するため、まずは管理ページを開きます。

ブログを作成する際に使用しているアメーバIDまたはソーシャルアカウントでログインしておいてください。

独自ドメイン設定

アメーバオウンドの管理ページ[設定][基本設定]を選択し、[独自ドメインを設定する]を押します。

独自ドメイン設定ボタン

設定する独自ドメイン名を入力する欄が表示されますので、設定する独自ドメイン名を入力します。
ここで気を付けたいのが、入力するドメイン名の頭に“www.”を付ける必要がある点です。
www.独自ドメイン名“で入力します。

独自ドメイン名の入力

ドメイン取得会社側の設定で、”www.独自ドメイン”をCNAME(別名)としてアメーバオウンドを指すように設定しましたので必ずサブドメインである”www.”が頭に付きます。

このため、アメーバオウンドで独自ドメインを使用したURLの場合、”https://www.独自ドメイン名“となります。

広告サービスで収入を得ることのできる「Google Adsense」は申請の際、サブドメインによるURLを許していませんが唯一”www”のサブドメインだけは許可されていますのでご安心ください。

入力後、[独自ドメインが有効かテストする]を押します。

ムームードメイン側の設定が正しく完了していれば[このドメインは使用可能です]と表示されますので、[ドメインを変更する]を押します。
ドメインの使用確認

[基本設定]のドメインURLが設定した独自ドメインのURLに変わります。
独自ドメイン設定後

完了後にブラウザーで”https://www.<独自ドメイン名>“でアクセスすると、アメーバオウンドの内容が表示されURLは鍵マークが表示されます。
(Micorost Edgeの例)

独自ドメイン設定後
補足説明
もし”https://www.独自ドメイン名”で正しく表示が行われない場合、”http://www.独自ドメイン名”のURLでアクセスしてみてください。

常時SSL化が利用可能になるには独自ドメインの設定完了後、数分間~数十分ほどかかる場合があります。

時間をおいてから再度ご確認ください。

以上でアメーバオウンドでの独自ドメイン設定+常時SSL化の設定がすべて完了しました。
お疲れさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です