独自ドメインをさくらインターネットで設定する

こんにちは!
ドメ子のドメイン講座にようこそ。

お名前.comやムームードメインなど外部の会社から取得したドメインをさくらインターネットで使用するための手順をくわしく説明します。

なお、さくらのドメインで既にドメインを取得された方は本記事の一部の操作が適用できませんので公式のマニュアルや電話サポートをご確認ください。

補足説明
本記事では例として本サイトのドメイン「domain-get.net」を独自ドメインとして設定することを例として説明します。

みなさんは自分のドメイン名に読みかえてご覧ください。

独自ドメインを設定するための前提条件

前提として、ドメインを管理する会社(お名前.com、ムームードメインなど)でさくらインターネットが提供するネームサーバを使用するよう設定を行っている必要があります。

まだ設定されていない方は先に以下の記事をご確認ください。

関連記事:さくらインターネット向けドメイン設定

また、ここでの説明は、さくらインターネットのレンタルサービスに契約し、すでに契約の際にもらった初期ドメインでWordPressを設定済みであることを前提としています。

もし、さくらインターネットに未契約の場合やまだWordPressの設定を行っていない方は、先に以下の記事をお読みください。

さくらインターネットの独自ドメイン設定

独自ドメインの設定は、サーバコントロールパネルから行います。

サーバコントロールパネルのアドレスやログインのために必要なアカウントの情報は、さくらインターネット契約の際のメールに書かれていますので不明の方はご確認ください。

ドメイン設定

さくらインターネットのサーバコントロールパネルから、[ドメイン/SSL設定]を選択します。

SSL/ドメイン設定

ドメイン一覧が表示されますので、[新しいドメインの追加]ボタンを押します。

ドメインの追加

ドメインの追加方法が表示されますので、下にスクロールして「5.他社で取得したドメインを移管せずに追加う」[ドメインの追加へ進む]を選択します。

ドメインの追加へ進む

ドメイン名に取得済みの独自ドメイン名を入力し、[送信する]ボタンを押します。

ドメイン送信

ドメイン追加の最終確認が表示されますので、[送信する]ボタンを押します。

ドメイン追加の最終確認

ドメインの追加完了が表示されますので、[詳細設定に進む]を選択します。
詳細設定に進む

ドメインの詳細設定が表示されます。

[マルチドメインとして使用する(推奨)]が選択されていることを確認し、[2.マルチドメインの対象フォルダ]に独自ドメインを割り当てるフォルダを入力します。
ドメインの詳細設定

さくらインターネットなどの多くのレンタルサーバでは、一つのレンタルサーバ契約で複数の独自ドメインを割り当てる運用ができます。

フォルダに分けて複数WordPressをインストールすれば、その数だけ独自ドメインを利用して別々にホームページを持てるということです。

レンタルサーバと独自ドメインの関係

この例では、“/sample”というフォルダを独自ドメイン“domain-get.net”に割り当てています。

こうすることで“http://domain-get.net”でブラウザーからアクセスすると“/sample”の内容が表示されます。

通常はレンタルサーバを契約し、WordPressをインストールしているフォルダがあると思いますので、そのフォルダ名を入力することになります。

全て設定したら、[送信]ボタンを押します。

イメージとしては、独自ドメインとさくらインターネットのレンタルサーバ内のフォルダの紐づけをしたようなことになります。

[ドメイン一覧へ戻る]を選択しましょう。

ドメイン詳細設定完了

ドメイン一覧に追加した独自ドメイン名が表示されます。

ドメイン一覧

以上で独自ドメインの設定が完了しました。

実際にブラウザで設定した独自ドメイン名を入力してみましょう。
(http://<設定した独自ドメイン名>)

設定直後は、このようにエラーとなり表示されません。

ドメイン設定直後

お名前.comのネームサーバーの指定も含めて反映されるまで最低でも1~2時間(場合によっては1日)はかかると考えてください。

気長にしばらく待ちましょう。

反映が一通り完了すると、以下のように正常にホームページが表示されるようになります。
ドメイン設定反映後

さくらインターネットの常時SSL化設定

正常にホームページが表示されるようになりましたら、次は常時SSL化の設定を行いましょう。

なお、この設定は正常に独自ドメインでホームページが表示されるようになるまで行えませんので表示されるようになるのを待ってから行ってください。

常時SSL化とは、SSLサーバ証明書という情報を利用してウェブページの通信を暗号化(HTTPSによる通信)させることを言います。
ウェブサイトはインターネットを通じていろいろな経路で流れています。

個人情報やパスワードなど機微な情報を入力することも多くなりましたが、暗号化をしないと経路の途中で内容を傍受されてしまいます。

このため現在では常時SSL化の設定を行うことが必須とされており、実際に常時SSL化に対応していないウェブサイトは、Googleの検索順位を落とされたりブラウザーが警告を発するようになっています。

補足説明
なんだか色々難しいと感じる方は、”http://”で始まるURLのサイトは暗号化されていない。
“https://”で始まるURLのサイトは暗号化されていると覚えておいてください。

もちろん、”https://”で始まるサイトのほうが検索エンジンからも好かれますので設定するのは必須とお考え下さい。

この設定は無料で行えますので、安心して手順に従って行ってください。

さくらインターネットのサーバコントロールパネルから[ドメイン/SSL設定]を選択します。

ドメイン/SSL設定

ドメイン一覧から今回登録した独自ドメインのSSL証明書列にある[登録]を選択します。

ドメイン一覧-SSL設定

SSL証明書の設定が表示されますので、[無料SSLの設定へ進む]を押します。

無料SSL設定

SSL証明書の説明が表示されますので、[無料SSLを設定する]を押します。

無料SSL設定確認

無料SSL証明書の発行手続き中のメッセージが表示されば設定完了です。
[ドメインへ戻る]を選択します。

無料SSL手続き中

無料SSL証明書の発行手続きが完了すると、画面のようにSSL証明書のリンクが[更新]の文字に変わります。
ドメイン一覧-SSL証明書設定後

手続き完了まで10分~20分程度はかかります。
じっと待ちましょう。

手続き完了後にブラウザーで”https://<設定した独自ドメイン名>“でアクセスすると、鍵マークがついた表示に変わります。
(Micorost Edgeの例)

この鍵が付いた状態のURLであれば、正常に暗号化が行われていることになります。

独自ドメイン+SSLでの表示

最後に大事な設定があります。

WordPressをご利用の場合は、WordPressの管理ページにログインし、[設定][WordPressアドレス(URL)][サイトアドレス(URL)]を”https://設定した独自ドメイン名“に変更しておきましょう。

wordpressダッシュボード

WordPressの管理ページは、標準であれば”https://<設定した独自ドメイン名>/wp-admin/“で開けます。

最後に[変更を保存]ボタンを押せば、これで完全に独自ドメイン+常時SSL化の完了です。

補足説明
レンタルサーバ契約時に無料でもらえるドメインを使って多くの記事をすでに投稿している場合、記事内に書かれているURLが”https”から始まるアドレスになっていないことでhttpとhttpsが混在した記事表示になってしまうことがあります。

このような場合は、記事内のURLをhttpsから始まるURLに書き換えるか、「Really Simple SSL」などのWordPressプラグインを利用して対応することになります。

かなり面倒ですので、できるだけ独自ドメインの設定や常時SSL化の設定はレンタルサーバの契約時に一緒にやることをオススメします。

以上でお名前.comとさくらインターネットによる独自ドメイン+常時SSL化の設定はすべて完了です。

お疲れさまでした。

ブログ記事を投稿する前に、WordPressで先に設定しておいたほうが良いものがいくつかあります。

以下の記事に詳しく解説していますので参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です