独自ドメインをエックスサーバーで設定する

こんにちは!
ドメ子のドメイン講座にようこそ。

お名前.comやムームードメインなどから取得したドメインをエックスサーバーで使用するための手順をくわしく説明します。

補足説明
本記事では例として本サイトのドメイン「domain-get.net」を独自ドメインとして設定することを例として説明します。

みなさんは自分のドメイン名に読みかえてご覧ください。

独自ドメインを設定するための前提条件

前提として、ドメインを管理する会社(お名前.com、ムームードメインなど)でエックスサーバーが提供するネームサーバを使用するよう設定を行っている必要があります。
(なお、エックスサーバー内でドメインを取得された方については本対応は不要です)

まだ設定されていない方は先に以下の記事をご確認ください。

関連記事:エックスサーバー向けドメイン設定

また、ここでの説明はエックスサーバーのレンタルサービスに契約済みであることを前提としています。

もし、エックスサーバーに未契約の方は、先に以下の記事をお読みください。

エックスサーバーの独自ドメイン設定

独自ドメインの設定は、サーバパネルにて行います。
ログインに必要な情報は、契約の際のメールに書かれていますので不明の方はご確認ください。

ドメイン設定

エックスサーバーのサーバパネルから、[ドメイン設定]を選択します。

ドメイン設定
[ドメイン設定の追加]タブを選択し、設定する独自ドメイン名を入力後、[ドメイン設定の追加(確認)]を押します。

ドメイン追加

ドメイン設定の追加確認が表示されますので、[ドメイン設定の追加(確定)]を押します。

ドメイン追加確認

ドメイン設定の完了が表示されますが、エックスサーバー以外の外部の会社でドメインを取得している場合、[無料独自SSLの設定に失敗]のメッセージが表示される場合があります。

無料SSL設定失敗

失敗となった方は、気にせず[SSL設定]のリンクをクリックします。

なお、画像のフキダシに説明のある通りエックスサーバではドメインごとに自動的にドメイン名のサーバフォルダが作成されます。

契約時に無料でもらえるドメインを使ってすでにWordPressでブログなどの運営を行われており、独自ドメインでもそのブログを参照させたい場合は、今回作られたフォルダにWordPressを移す必要があります。

レンタルサーバと独自ドメインの関係(エックスサーバー)

エックスサーバの常時SSL化設定

独自SSL設定により常時SSL化に対応を行います。
(エックスサーバー内で独自ドメインを取得している方はすでに反映が行われていますので本手順は対応不要です)

サイトに独自ドメインが選択されていることを確認し、[独自SSL設定を追加する(確定)]を押します。

独自SSL設定を追加

常時SSL化とは、SSLサーバ証明書という情報を利用してウェブページの通信を暗号化(HTTPSによる通信)させることを言います。

ウェブサイトはインターネットを通じていろいろな経路で流れています。

個人情報やパスワードなど機微な情報を入力することも多くなりましたが、暗号化をしないと経路の途中で内容を傍受されてしまいます。

このため現在では常時SSL化の設定を行うことが必須とされており、実際に常時SSL化に対応していないウェブサイトは、Googleの検索順位を落とされたりブラウザーが警告を発するようになっています。

補足説明
なんだか色々難しいと感じる方は、”http://”で始まるURLのサイトは暗号化されていない。
“https://”で始まるURLのサイトは暗号化されていると覚えておいてください。

もちろん、”https://”で始まるサイトのほうが検索エンジンからも好かれますので設定するのは必須とお考え下さい。

設定が完了すると、SSL新規取得申請中のメッセージが表示されます。
SSL新規取得申請中

しばらくすると独自SSL設定追加完了の表示に変わりますので[戻る]を押します。
独自SSL設定追加完了

エックスサーバーのファイルマネージャで見ると、設定した独自ドメイン名でフォルダが作成されていることがわかります。
ファイルマネージャー
このフォルダ内にWordPressなどを入れることで独自ドメインによるサイト運営が行えます。

設定直後に、”https://<取得した独自ドメイン名>“でアクセスしても画面の通りエラーとなります。
エラーの表示内容は状況により異なりますが、少なくとも2~3時間はつながらないと考えてください。

エックスサーバーでの独自ドメイン設定直後

エックスサーバーでの独自ドメインやSSLサーバ証明書の反映がすべて完了すると以下のようなページが表示されます。
エックスサーバーでの独自ドメイン設定反映後

以上でエックスサーバーでの独自ドメインと常時SSL化の設定が完了です。

WordPressをインストールする

設定した独自ドメインに対して新たにWordPressをインストールします。

補足説明
無料でもらえる初期ドメインですでにWordPressを運用中で、独自ドメインに変更したい場合はFTPソフトなどで対象のファイル一式を取得し、独自ドメインのフォルダに移してあげる必要があります。

詳しくは、エックスサーバーのQ&Aページ
Q.WordPressを初期ドメイン(サーバーID.xsrv.jp)にインストールしましたが、独自ドメインへ変更したいです。

をご確認ください。

XSERVERサーバーパネルの[設定対象ドメイン]からWordPressのインストールを行いたい独自ドメインを選択し、[設定する]を押します。

また、[WordPress簡単インストール]を選択します。

Wordpress簡単インストールメニュー

[WordPressのインストール]タブを選択し、以下の内容を入力します。

  • ブログ名
  • ユーザ名
  • パスワード
  • メールアドレス
ブログ情報の入力

ユーザ名、パスワードはWordPressの管理ページにログインする際に必要となります。
また、これらの情報は後から変更することができます。

入力後に[インストール(確認)]を押します。

インストール確認が表示されます。
ここに記載されている内容は、WordPressを管理・運営をするために必要な情報ですのでメモを残すようにしましょう。

Wordpress重要情報

[インストール(確定)]を押します。

WordPressのインストール完了メッセージが表示されます。
管理ページのURLが記載されます。

WordPressの管理ページは、標準であれば”https://<設定した独自ドメイン名>/wp-admin/“となります。
このURLも忘れないようにブックマーク等を行っておいてください。

設定完了メッセージ

上記URLより管理ページを起動します。

WordPressインストール時に指定したユーザ名、パスワードを入力して[ログイン]を押します。

wordpress管理者ログイン

[設定][WordPressアドレス(URL)][サイトアドレス(URL)]を”http://独自ドメイン名”から”https://独自ドメイン名”に変更しましょう。(赤線部分のみ修正)

wordpress URL変更

最後に[変更を保存]ボタンを押せば、これで完全に独自ドメイン+常時SSL化+WordPressの導入が完了です。

設定完了後にブラウザーで“https://<設定した独自ドメイン名>“でアクセスすると、WordPressのサンプル記事が表示されます。
また、URLには暗号化が行われていることを示す鍵マークが付きます。(Micorost Edgeの例)
エックスサーバーでのブログ表示

以上でエックスサーバーでの独自ドメイン設定+常時SSL化の設定がすべて完了しました。
お疲れさまでした。

ブログ記事を投稿する前に、WordPressで先に設定しておいたほうが良いものがいくつかあります。

以下の記事に詳しく解説していますので参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です