ドメインとは

こんにちは!
ドメ子のドメイン講座にようこそ。

ブログなどのホームページの運用にどうしても欠かせない存在の「独自ドメイン」

でもなんだかむずかしそうで、どうやったら取得できるのかよくわからないですよね。

「レンタルサーバを借りてみたけど、独自ドメインの取得方法がいろいろあってよくわからない」って話をよく聞きます。

こんな疑問を解消するために、まずはドメインとは何かということを理解してみると良いでしょう。

ドメインとは

「ドメイン」とは、インターネット上での住所のようなものでネット上に無数に存在するホームページを識別する際の情報として利用されます。

ホームページにはブログや企業のサイトなども含まれます。

たとえば、グーグルのドメインであれば「google.com」です。
ヤフージャパンであれば「yahoo.co.jp」といった形で重複しない名前が付けられています。
ドメイン説明図

またメールアドレスの@の後ろに記載されているのもドメイン名です。

ドメイン名の構成

ドメイン名はトップレベルドメイン(TLD)セカンドレベルドメイン(SLD)で構成されています。

ドメイン名の構成

トップレベルドメインは、「.com」、「.net」、「.org」、「.info」などが入りドメイン取得時に一部制限付きですが選ぶことができます。

企業や地域などを特定する場合にも使用されますが、近年では「.xyz」や「.tokyo」、「.kyoto」など多数の種類が登場しています。

ドメインの種類に関する詳しい説明を参照したい方はこちらをお読みください。

一方で、セカンドレベルドメインはトップレベルドメイン以下に属しているドメイン名のことで、ホームページや会社名を表す用語などが入ります。

少しだけ補足
独自ドメインを取得するときは、[自分が決めたドメイン名(SLD)][トップレベルドメイン(.comや.netなど)]の組み合わせで選ぶことになります。

トップレベルドメインにより値段が異なり、安いものでは年間1円といった低価格のものもあります。

サブドメインとは

「はてなブログ」などの無料で利用できるブログサービスや「さくらインターネット」、「エックスサーバー」、「ロリポップ」などのレンタルサーバを契約すると、あなただけのホームページ用URLが付与されます。

通常は、各社のドメイン名の前にあなたが決めた名前がつきます。
このようにドメイン名の前にドットを挟んでつく名前のことをサブドメインと呼びます。

サブドメインの構成

ドメインが住所とするならば、サブドメインはその住所に建てられたビル内のあるフロアーだと考えてください。

あなたが決めた名前の後ろにつくドメイン名は各レンタルサーバ会社などが保有するドメインですので、このようなアドレスを独自ドメインとは呼びません。

逆に独自のドメインを取得すると、自由にサブドメインを付けて複数のWebサイトを運営することができます。

少しだけ補足
レンタルサーバ会社から得たサブドメインを使ってそのままホームページを運営することが必ずしも悪いわけではありません。

しかしながら、企業であれば自社のドメインを保有することでホームページ自体のブランド価値が高まります。

また、個人のブログなどであればGoogle Adsensなどを利用して広告による収益を期待したいところですが、Google Adsensはサブドメインでの申請を受け付けていないため独自ドメインの取得が必須となっています。

DNS(ドメインネームサーバー)について

ドメインに関する知識とセットで覚えておいてほしいのが、DNSについてです。
DNSとは、ドメインネームシステム(Domain Name System)の略です。

通常、レンタルサーバなどでホームページを持った場合、IPアドレスと呼ばれる数字12桁で構成される番号(255.255.255.255)が割り当てられます。

ドメイン名は住所、そしてこの数字の番号は土地で説明されることが多いです。
番号は地図で言うところの緯度・経度のようなもので、実際の土地がある場所を示していると考えてもらってかまいません。

あなたのPCやスマホからホームページにアクセスした場合、ドメイン名(住所)からIPアドレス(この説明での例でいうなれば緯度・経度)に変換が行われ、実際にレンタルサーバが設置されている場所に接続されます。

DNSの役割

DNSは、この数字で構成されたIPアドレスとドメイン名の結びつけを行う役割を持っています。

独自ドメイン(住所)を取得した後は、実際に自分がレンタルしているサーバのIPアドレス(土地)と結び付けをしてあげる必要があります。

ドメインを取得するサービスを行っている会社は「お名前.com」や「ムームードメイン」などが有名ですが、このような会社はレジストラ(ドメイン登録業者)やリセラー(ドメイン取得代行業者)と呼ばれており、DNSに対して独自ドメインの取得やドメイン名とサーバのIPアドレスの結びつけを行うサービスを提供しています。

レジストリとは

インターネット上の世界に無数に存在するドメインですが、いったい誰がどのように管理しているのでしょうか。

そこで登場する言葉が「レジストリ/レジストラ」です。

レジストリ

レジストリとは、トップレベルドメイン(TLD)毎に存在するドメイン管理のためのデータベースとそれを管理する団体のことを指します。

またレジストリの運営団体は、ICANN(The Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)というインターネットのドメイン名やIPアドレスの割り当てを行っている非営利団体から公認を得て活動しており、世界中で使われている「.com」や「.net」、「.info」などのトップレベルドメインごとに1つ存在しています。

例えば「.com」や「.net」のレジストリは「VeriSign,Inc.」が管理しています。

レジストラ

レジストラとは、上記ICANNと正式契約を結んでいるドメイン登録業者を指します。

各トップレベルドメインのデータベースを管理しているレジストリに対して、ドメインの登録状況を照会したり、新たなドメイン情報を登録する権限を持っています。

わたしたちがドメインを取得する際は、必ずレジストラを通じて取得する必要があります。

ただし、リセラー(ドメイン取得代行業者)を通じで取得することもできますが、結局はリセラーもレジストラを通じて取得を行いますのでレジストラを利用したほうがスムーズにドメインの管理・運営を行うことができます。

日本のレジストラとしては「お名前.COM」や「スタードメイン」、「ゴンベエドメイン」などがあります。

おすすめ記事をチェック

独自ドメインの取得に関しては以下の記事で解説しています。

またブログをはじめたい方でまだレンタルサーバやブログサービスを契約していない方は以下が参考になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です