WordPressの初期設定を行う

こんにちは!
ドメ子のドメイン講座にようこそ。

ようやくWordPressの設定が終わり「いよいよ記事を書き始めよう!」っというところだと思いますが、その前に設定しておくべき点についてまとめました。

あとから設定を変更すると大変な点もありますので是非とも参考にしていただけたら嬉しいです。

WordPressの初期設定

まずは、WordPressのダッシュボードにログインしましょう。

独自ドメインを取得済みの場合は、一般的に以下のURLになります。

https://<あなたの独自ドメイン>/wp-admin/

WordPressログイン
ユーザ名またはメールアドレスとパスワードを入力してログインしましょう。

一般設定を確認する

ダッシュボードの[設定]-[一般]で一般設定を表示します。

ダッシュボード(設定-一般)

サイトのタイトルやキャッチフレーズ、サイトアドレスなど見直しがあれば修正して[変更を保存]ボタンを押しましょう。

パーマリンク設定

ダッシュボードの[設定]-[パーマリンク設定]を表示します。
パーマリンク設定

パーマリンクとは、今後投稿するブログ記事のURLを意味します。
URLに日付や数字を含めて自動的にURLに作成させることもできますが、URLを見ただけでどのような記事なのか推察できるのが望ましいので当サイトのおすすめとしては、画面の通り[投稿名]を選択する方法です。

記事を投稿する際にURLに使用する名称を指定することで管理がしやすくなります。
修正後、[変更を保存]ボタンを押しましょう。

プラグインの更新

[プラグイン]を選択し、現在組み込まれているプラグインを表示します。

プラグインの更新

更新が必要なものがあれば、左端のチェックを入れて一括処理のコンボボックスを[更新]に変更し、[適用]を押しましょう。
チェックしたプラグインがすべて最新に更新されます。

とりあえず以上で初期設定は完了です。

これからもダッシュボードは日常的に使うことになりますので、すこしずつWordPressの設定に慣れていきましょう。

無料デザインテーマ(Cocoon)を利用しよう

WordPressのデザインテーマには、有料で販売されているテーマが存在しており、収益化を目指すブロガーが数多く利用しているものがあります。

どれも有料テーマだけあって細かいカスタマイズが自由に行えたりスマートフォンなどのモバイル機器に完全に対応することができます。

当サイトでは、テーマにOPENCAGEの「ストーク(STORK)」を使っています。


人気が高いテーマのため、使っている方が多いのでデザインが似てしまう部分がどうしても出てきますが、利用者が多いためドキュメントやカスタマイズやトラブルに対応する記事情報も多いというメリットもあります。

本気ではじめたい方は有料テーマから入るほうが長い目で見れば楽をできると思いますが、価格が1万円前後かかるため、お試しでブログを始めたいという方にはオススメできません。

そんな方にはピッタリの無料テーマで「Cocoon」があります。

Cocoonとは

Cocoonは、わいひらさん(@MrYhira)作の無料で利用できる高機能なWordPressテーマです。

Cocoonは、SEO・高速化・モバイルフレンドリーに最適化した無料テーマです。
見た目はシンプルですが、初めての方でも感覚的に使えるように便利な機能を織り込んで作りました。

100%GPLテーマなので自由にご利用いただけます。

実際にCocoonの説明ページも当然ながらCocoonを利用していますが、有料テーマでも対応できていないようなことを多数対応しており、SEOやスぺニットの入力などプラグインを追加で入れなくてもほとんどのことが出てしまうすごいテーマです。

Amazonなどの商品埋め込みやGoogleアドセンスの広告などにもきめ細かく対応しており、収益化をめざすブログを作成される方にも最適な機能が多数用意されています。

テーマの使い方に関する説明も公式HPで詳しく解説されていますので初めての方も安心できます。

有料テーマにはあとで移行することもできますので、まずはCocoonを使ってみてはどうでしょうか。

Cocoonのダウンロード

Cocoonのダウンロード」よりテーマのダウンロードを行います。

一般的に有料テーマも同様ですが、WordPressでテーマを組み込む場合、親テーマと子テーマの二つを設定します。

子テーマは親テーマの内容を参照する構成になっており、テーマの有効化やカスタマイズを子テーマに対して行うことで親テーマが更新された際、カスタマイズした内容が消えるようなこともなくデザインの状態を常に最新に保つことができます。

Cocoonも親テーマと子テーマの二つがありますので、両方をダウンロードします。

親テーマのダウンロードで[”Cocoonテーマ”をダウンロード]を選択しファイルを保存します。
親テーマのダウンロード

子テーマのダウンロードで[”Cocoon子テーマ”をダウンロード]を選択しファイルを保存します。
子テーマのダウンロード

Cocoonのテーマ追加

WordPressのダッシュボードから[外観]-[新規追加]を選択します。

ダッシュボードでの外観の追加

続けて[テーマのアップロード]を選択します。

テーマのアップロード

まずは親テーマをアップロードしましょう。
[参照]を押して先ほどダウンロードした親テーマを選択し、[今すぐインストール]を押します。

親テーマのインストール

テーマのインストール完了が表示されます。
親テーマは有効化しませんので、そのまま[テーマのページに戻る]を選択します。

親テーマインストール後

今度は子テーマのインストールです。
再度、[新規追加]を選択します。

テーマのアップロード

続けて[テーマのアップロード]を選択します。
テーマのアップロード

[参照]を押して先ほどダウンロードした子テーマを選択し、[今すぐインストール]を押します。
※子テーマはファイル名にChildの記載があります。

子テーマのインストール

テーマのインストール完了が表示されますので、[有効化]を選択します。
子テーマインストール後

以上でCocoonの有効化が完了しました。
Cocoonインストール完了

Cocoonは親テーマ・子テーマの二つが入っている状態です。
Cocoon Childが[有効]の表示になっていれば大丈夫です。

実際にサイトトップを開いてみると、テーマが変わっていることがわかります。
Cocoon適用後のトップ

以上でWordPressの初期設定が完了しました。

Cocoonでのデザインのカスタマイズ方法の詳細は、マニュアルページに詳しく説明が掲載されています。

まずは初期設定や基本設定のカテゴリーについてご覧いただけたらと思います。

WordPressでの設定準備が一通り終わりましたので、次はいよいよブログに記事を投稿する話です。

以下でブログ記事の投稿に関する解説をおこなっていますので参考にしてみてください。

2 件のコメント

    • こちらこそコメントありがとうございます。
      先週立ち上げたばかりで初コメント頂きましてすごくうれしいです!!

      もっとお役に立てる記事を増やしたいと考えております。
      今後ともよろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です